お会計や売上計算に便利なPOSレジを検討しよう

レジ情報.net

タブレットで注文やお会計できるお店が増えている

スマホやタブレットが普及して、個人だけでなく企業でもそういったものを使うことが多くなりました。例えば、よく目にするのが飲食店のメニュー用タブレットです。飲食店以外でもいろいろな使い方があるので導入を検討してみましょう。

便利なPOSレジ

女性

お店にに欠かせないレジ

お店を立ち上げるというときに必ず考えなければいけないのがお会計についてです。どんなサービスを提供する場所でもレジでお会計が必要になります。飲食店やスーパー、アミューズメント施設や洋服店、医療機関などありとあらゆる場面で必ず行われています。

レジには種類がある

お会計をするときに用いられるレジには2つの種類があります。1つ目はキャッシュレジスターと呼ばれているものです。日本語で金銭登録機と言うこのキャッシュレジスターは単純に売上金額の計算や金銭のやり取りの記録をすることができるものです。

さらに便利なPOSレジ

レジの2つ目の種類がPOSレジと呼ばれるものです。キャッシュレジスターとの大きな違いはデータの収集や管理、分析などをリアルタイムで行うことができるようになったということでしょう。日本語では販売時点情報管理という意味になります。複数の店舗間で情報を共有するということもPOSレジなら可能です。

タブレットを使う時はアプリをインストールする

POSレジにはいくつかの種類があります。例えば、飲食店でよく見かけるようになったタブレット型もその1つです。タブレット型を使うためにはPOSレジのアプリをインストールして注文や会計が可能な状態にする必要があるのです。

POSレジにするとわかるメリットや魅力ランキング

no.1

お会計や売上集計が楽にできる!

POSレジならレジ閉めのいろいろな作業を自動的に行うことができます。システムで集計した結果と現金の残りを確認するだけでいいのでとても楽になるでしょう。また、オーダーエントリーシステムと連携させていれば、レジで金額の打ち込みをする必要がなくなります。

no.2

売上に繋がるデータの管理ができる

POSレジを導入するとどの時間に何の商品がどれだけ購入されているのかを確認することができます。売れている商品とそうでない商品をきちんと把握することができるのです。そのデータを元に売上を向上させる手段を考えることができるでしょう。

no.3

レジでの不正防止に繋がる!

レジを手作業だけで管理していると不正な作業をされても誰が行ったのか特定するのに時間がかかったり、特定できなかったりしてしまいます。しかし、POSレジなら使用ログが残されるので誰が会計をしていたのかきちんと把握することができ、不正を防止することができるでしょう。

no.4

誤入力を減らすことにもなる

商品やサービスの金額を予め設定することができ、手入力で金額を入れることがないので間違いを少なくすることができるでしょう。また、テーブルから直接注文できるというオーダーシステムと連携している場合は、合計金額をすぐに表示することができます。

no.5

他の店舗の状況も確認できる

POSレジは複数の店舗情報を一緒に管理するときにも便利です。各店舗の売上を確認することができるのはもちろん、商品の在庫状況を確認して他の店舗へお客様を案内するということもできるでしょう。全体での在庫を管理するのがとても楽になります。

新着情報

初期費用やレジの種類を確認して導入する

店員

注意点と金額

POSレジを導入したいと思ったら、いろいろな面を考慮して選びましょう。導入する時の目的を明確にしないと使わない機能の物を選んで高い費用を払うことになってしまいます。また、種類を知りその特徴や初期費用を把握しましょう。

READ MORE
広告募集中